IR情報Investor Relations

トップメッセージ

株主・投資家の皆様へ

株主・投資家の皆様におかれましては、日頃より当社事業に対するご理解とご支援、ならびに当社スポーツクラブ等への格別なご愛顧をいただいておりますこと、心より御礼申し上げます。

会長メッセージ

1979年に「ルネサンス」を創業して以来、2019年には創業40年の節目を迎えます。
私は、創業の精神を「管理された社会、物質中心になり過ぎた社会に対する人間性の回復を目指し、エネルギー・情熱の源泉である“健康”をお客様に提供することによって、理想的な社会を実現する」と定義し、14~16世紀にヨーロッパで起こった文芸復興運動「ルネサンス」を人間性の回復と読み替えて、社名、施設名としました。
日本におけるスポーツクラブ事業の黎明期とも言える1980年代は、若者を主要顧客としたレジャー産業と位置付けられていました。しかし、1990年頃からは中年の女性たちの参加が目立ち始め、2000年代になるとシニア層の参加が飛躍的に増加し、健康増進の場へと変貌してきました。2015年10月にスポーツ庁が設置され、国際競技力の向上が図られるともに、スポーツを通じた健康増進、地域・経済の活性化、学校における子どものスポーツ機会の充実等、様々な施策が推進されています。2020年の東京オリンピック・パラリンピックをはさんで、2019年にラグビーワールドカップ、2021年には関西ワールドマスターズゲームズが開催され、大規模国際競技会の国内開催が3年連続予定されるという、前例のない大きなムーブメントとともに、国民のスポーツへの関心の高まりが期待されています。
一方、デジタル技術によるイノベーションは生産性の向上における大きな可能性を持っており、当社グループにおいても、業種・業界を超えて連携を図り、IT技術を活用したサービス等の創出に注力しています。また、経済産業省が、日本のサービス業の付加価値を高める規格認証をスタートさせました。サービス産業の事業会社のサービスを4つの定義に基づく認証で見える化し、サービス産業の生産性向上やインバウンド、アウトバウンドの促進を図っています。当社は全国のスポーツクラブルネサンス、98店舗で紺認証を取得し、お客様の声を大切にした取り組みはもとより、研修制度やマニュアル整備、接客コンテストの開催など、従業員への継続的な育成・成長に関する取り組みが高く評価されました。
我々スポーツ関連事業者はスポーツ市場の拡大やスポーツ実施率の向上において、これまで以上に牽引的な役割を果たすことが期待されています。その期待に応えるためには、時代の流れとともに進行する新しい技術の発達やグローバル化に目を向ける必要があるでしょう。今後益々の成長機会を迎え、人々の健康づくりやスポーツ振興に貢献し続けることができるよう、創業の精神を忘れることなく歩んでまいります。

代表取締役会長
斎藤 敏一

社長メッセージ

当社グループでは、“スポーツクラブ運営会社の経験の上に、日本、アジアそして世界から求められ必要とされる「スポーツと健康のソリューションカンパニー」となる”を長期ビジョンとして掲げ、中期経営計画を策定し、2018年度よりスタートしました。
今中期経営計画は、総合スポーツクラブを核として、周囲に様々な業態の施設を組み合わせることで「地域を健康に!」を実現し、既存事業を着実に成長させると同時に、新たな市場や新規事業の創出に積極的に挑戦する期間と位置づけております。既成概念にとらわれない多くのアイデアを生み出す環境の整備、成長が期待できる事業領域に対しての積極的な投資等により、「事業の芽」の創出を目指します。
就業人口の減少、人口動態の急激な変化が課題となる中で、事業を持続的に成長させるためには、当社のビジョンを共有する従業員を確保するとともに、従業員自身が働きがいを感じ主体的に日々の仕事に取り組めることが重要であり、働き手にとっても魅力ある企業であることがますます求められます。コンプライアンスを徹底し会社基盤の充実を図ることはもとより、従業員1人ひとりがいきいきと活躍できる職場環境づくりを推進してまいります。
株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長執行役員
吉田 正昭

Page top