CSRCorporate Social Responsibility

トップコミットメント

代表取締役社長執行役員 吉田 正昭

当社は、人々が生きがいのある人生を送るための基盤ともいえる「健康づくり」の仕事を通して、わたしたち自身の生きがいをも追求したいとの願いを込めて、自らを『生きがい創造企業』と称しています。当社のCSRにおいては、その事業特性も踏まえて「本業を通して社会に貢献する」と明言しておりました。
一方、国内では少子高齢化が加速しており、「健康」が個々人の目的から国家としての重要な方針となっております。成長戦略として「健康寿命の延伸」が掲げられ、膨張する社会保障費への対応のみならず、「健康」は一億総活躍社会の実現における中核に位置づけられるようになっております。
日本社会のサステナビリティに警笛が鳴るなかで、当社における社会的責任は従来になく重要になってまいりました。
「健康」をキーワードとした事業領域がますます拡大するなかで、当社は重要な経営資源となる人材の活性化を最優先課題と位置付けております。私は2016年7月にCHO(最高健康責任者)に就任し、「ルネサンス健康経営宣言」をし、持続的成長を可能とするヒトと組織づくりに重点を置いた働き方改革や健康づくり支援に取り組んでまいりました。
従業員の働きがいを向上させる取り組みの成果としては、Great Place to Work® Institute Japan(GPTWジャパン)において6年連続ランクインを果たしました。また、サービス業としては長年の課題となっているワークライフバランスの支援においては、始業時間と終業時間を柔軟に選択できる制度やテレワーク制度などを導入し、就業環境のさらなる整備を行っております。また、女性の活躍推進においては、ライフイベントとキャリア形成を両立できるようにキャリアデザインの支援に取り組み、女性従業員の退職率は3年連続、減少傾向で推移しております。
当社は、これらの活動により、2017年度より2年続けて、経済産業省及び日本健康会議から「健康経営優良法人2018~ホワイト500~」の認定をいただきました。
コーポレートガバナンス体制の強化・充実を推進するとともに、イノベーションによる新たな事業創造にも積極的に取り組み、全てのステークホルダーの皆様の「生きがい創造」に貢献できるよう、さらなる企業価値の向上に努めてまいります。

代表取締役社長執行役員
吉田 正昭

Page top